少額の資金で始められる

初期投資額が高いというイメージはありませんか?実際の初期投資額は、意外と安いのです。

不動産を担保に借入できる投資商品

不動産投資と聞くと、先行投資が高くて手に出しにくいというイメージはありませんか?しかし、実際には「少額で無理なく始められる投資商品」というのも不動産投資の特徴です。なぜなら、その商品(マンション)を担保として、金融機関から購入資金(ローン)を借り入れられる投資商品だからです。投資商品のために金融機関から借り入れできるのは、他の投資商品にはありません。不動産投資が唯一なのです。

ローンは家賃収入で返済していくことになりますので、実質、初期投資に必要な額は頭金と諸経費くらいです。お客様の状況によっては、頭金0円で紹介できる物件もあります。もちろん、ローンの支払いが終了すれば家賃はそのまま収益になります。

複数物件を持つことでリスクヘッジになる

初期投資が比較的少額であることから、投資家のなかには複数の収益物件を所有している方もたくさんいらっしゃいます。1件目の物件で得た利益をもとに、2件目、3件目と手を広げていくのが一般的です。また、物件を複数持つことでリスクヘッジがしやすくなるというのもポイント。マンション経営には空室リスクや災害によるリスクなども考えられ、こうしたリスクを分散する意味でも複数の物件を持つオーナーが多いのです。なお、複数物件を所有するにはローンの早期返済をしていくことも大切です。繰り上げ返済を利用するなどできるだけ負債を少なくしたうえで、上手に資産運用をしていきましょう。

複数物件を持つことでリスクヘッジになる

融資に関するご相談もお気軽に

不動産投資ローンは、一般的な住宅ローンと比べると「審査が厳しい」「金利が高い」といった側面があります。「融資を受けられるか心配」とお悩みでしたら、エターナルまでご相談ください。お客様の資産状況から最適な物件を紹介するとともに、融資先についても金融機関や無理なく返済できるプランをご提案いたします。