生命保険の代わり

ローンで購入する際に加入する団体信用生命保険が、生命保険の代わりになります。

ローンで購入すると生命保険の代わりになる

投資マンションをローンで購入する際、「団体信用生命保険」への加入が義務付けられています。この団体信用生命保険が、生命保険の代わりになることがあります。

家賃収入または売却益が保険金の代わりに

団体信用生命保険は、そもそもローンを貸出している金融機関がかけるものです。このため、ローンの借入人が亡くなった際の保険金は金融機関が受取人となります。そして、住宅ローンの完済手続きが取られ、マンションという資産は遺族のものになります。名義変更を行ったうえで引き続き家賃収入を得ることもできますし、売却することで売却益も得られます。これらが、保険金の代わりになるのです。

売却や相続もお手伝いします

エターナルでは、所有する物件の売却や相続に関するお手伝いもさせていただきます。 売却か相続するなど不動産に関するお悩みでしたら、残されたご家族様にとって適した方法についてもご相談・ご提案させていただきます。