マンション経営のリスク

リスクを事前に理解することで、回避することも可能です。その対策法もあわせて解説します。

リスクを回避するにはリスクを知るべし

どんな投資にも、必ずといっていいほど「リスク」はつきものです。マンション経営にもリスクはありますが、それを事前に理解することで回避することも可能です。では、マンション経営のリスクにはどのようなものがあるのか、回避方法と一緒に紹介しましょう。

リスク1 ~ 空室リスク

マンション経営は、入居者がいてこそ成り立つものです。入居者がいなければ収入はなく、住宅ローンなど諸経費の支払いに追われることになります。

対策のポイント
物件を選ぶ際に、「立地条件」を見極めることが回避策のひとつ。駅から近い、賃貸需要が多いエリアなど「借り手がいる条件」を満たす投資物件を選択しましょう。また、空室の期間は不動産会社が家賃保証(サブリース)をしているところもあります。こうした会社を選ぶのもポイントでしょう。

リスク1 ~ 空室リスク

リスク2 ~ 家賃の下落

家賃が下落する原因は、主に「建物の老朽化」と「地価の下落」が考えられます。どんな建物でも老朽化による資産価値の下落は避けられません。また、景気変動等の要因で地価が下がることもリスクとして考えられます。

対策のポイント
経年により建物の価値が下がっても、立地条件が良ければ入居者が付く可能性は高いです。現に、東京都心で築30年のワンルームマンションで入居者の絶えない物件も多々あります。また、修繕する必要も出てきますので、修繕費もあらかじめ計算に入れておくようにしましょう。地価の下落についても同様、立地条件を見極めることで回避できます。

リスク2 ~ 家賃の下落

リスク3 ~ 金利の上昇

景気が上向きになると、ローンの金利がアップすることも考えられます。変動金利でローンを組んでいる場合、返済額がアップすることも想定されます。

対策のポイント
ローンを利用する際は、ある程度の自己資金を持っていることが望ましいです。まとまった資金ができたら、繰り上げ返済や返済期間の短縮を検討しましょう。まとまった資金がない場合は、変動金利を固定金利に変更することも検討しましょう。

リスク3 ~ 金利の上昇

リスク4 ~ 災害リスク

地震や火災により、建物が損害を受けるリスクがあります。


対策のポイント
火災保険や地震保険に加入するのはもちろんですが、物件を選ぶ際に建物の耐震性や防火性についても調べることも大切です。

リリスク4 ~ 災害リスク